WHAT'S NEW

みやぎフラワーフェスティバル2018

2/10(土)にみやぎフラワーフェスティバル2018 Happy Bloomというイベントに

参加してまいりました♪宮城県花と緑普及促進協議会が主催されているイベントで、

宮城県の方にもっとお花の楽しさや身近さ、可能性を知ってもらいたい!というイベントです。

ガーデニング講習会や寄せ植え体験教室、フラワービュッフェアレンジメント体験など

様々な体験型イベントと、花いけバトルやわたしたちが参加した、

服師×花師コラボショーなどのステージパフォーマンスがありました。

 

会場は朝から超満員!どこからこんなにお客様が??となる程、

たくさんの人であふれていました。

そしてお花が溢れた会場は、1足早い春を仙台に運んできてくれているようでした🌸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラボショー参加の学生たちも、到着早々SNSフォトブースにて記念撮影♪

インスタ映えするお花のブースは終日大人気でした!

 

そして学生達はここから大仕事!

コラボショーは県内のフローリストさん達が、学生作品に合わせてLIVEで

フラワーアレンジメントを制作してくれるという企画です。

そのために、まずはメイクにお着換えに、打合せに、リハーサルに・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気が付けばあっという間に本番でした!

学校のショーとは違い、お客様が目の前にいるステージだったので、

今回はメイクもばっちり!アートメイクを施しました。

 

フローリストさんのパフォーマンスは素晴らしく、

30分の間に、見たこともないようなブーケやヘッドドレスがあっという間に

出来上がりました!MCの方々の掛け合いも面白く、テーマやコンセプトが

しっかり伝わるようなパフォーマンスになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の枝についたかなり大きなブーケや、チューブで作られた土台など…

どのような形に出来上がるのか、お客様も楽しそうに見守ってくださいました。

 

さて、ついにドレメ生の登場です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全部で5名の学生が参加しました。最後のメンズ服には

カスミソウでしつらえたケープや風船ブーケなど、とっても面白い発想の

フラワー作品が出来上がりました。

白無垢のウェディングドレスには和のお花で作った、でもどこか洋風のブーケ、

他のドレスにはドレスのコンセプトに合ったもの、

逆にドレス製作者とは違ったイメージで、新しい可能性を付与してくれたものなど、

実際に身に着けた学生たちもびっくりするような出来栄えでした。

フローリストのみなさん、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

服も花もそれぞれ独立して美しいものですが、

その二つがコラボすることで、更にお互いの魅力を引き立ててくれることが分かりました。

そしてその二つを作りあげる、私たちやフローリストの方々は、

1つ1つの作品に心を込めて、技術を駆使して作りあげます。

その過程もとても似ているのです。

お花はもちろん生きているので、切り方や使い方で持ちや美しさが変わります。

洋服に使用する生地も、実は生きているのです。

湿気や温度で生地は伸びたり縮んだり変化します。

切り方や縫い方でもほつれてしまったり、ゆがんでしまったりと変化します。

このように生きたものを扱うには、様々な工夫が必要です。

その過程で生まれたものだから、わたしたちには魅力的に、美しく映るのだと思います。

今回のコラボレーションで、学生もわたしたち職員も、素敵な出会いや気付きがありました。

 

このように、洋服とつながるものはまだまだ沢山あるかと思います。

もっと見つけ出し、今後もおもしろいコラボレーションをお届けできるように

チャレンジしていきますので、「こんなことしてみませんか?」という

お声がけもお待ちしております!お気軽に当校事務局までご連絡ください☆

 

ファッション文化専門学校DOREME事務局

022-222-5221(広報 菅野)

お問い合わせフォーム