ファッションビジネス学科

(ショッププロデュース専攻)(ファッションアドバイザー専攻)(ブランドMD専攻)

ファッションをビジネスとして成功させるノウハウを学び、
ショップ経営やファッションアドバイザー、マーチャンダイザーを目指します。

1年次

1年次では服飾造形やデザイン知識、ショップ経営の知識・マーケティング理論・商品企画などをバランスよく学びます。ファッション業界でのトレンドの変化を、広い視野から読み取れるビジネス力を身に着けます。

1年次カリキュラム

内容 単位
行事・LHR 8
オープン実習 12
服飾造形 16
セルフイノベーション 2
マーチャンダイジング 6
ゼミナール 4
アドバイザーワーク 4
F.コーディネーション 4
デザイン画 4
造形デザイン 4
服飾美学 4
色彩学 4
ファッション販売 (4)
ファッションビジネス検定 4
ディスプレイ 4
パソコンワーク 4
合計 84(88)

( )はファッションアドバイザー専攻

カリキュラムの一例

「アドバイザーワーク」
接客、計数管理、店舗運営の知識を学び、実践を通してショップスタッフとしてのノウハウを習得します。

2年次 ショッププロデュース専攻

セレクトショップ・古着屋など、未来のショップオーナーとして独立を目指したい方の専攻です。トレンド傾向を考えながら、販売戦略、仕入れの流れ、ショップ運営などの知識をしっかり学びます。実習ではオリジナルショップを自分で企画して、商品の仕入れやディスプレイ、経営術を身に付けます。

2年次カリキュラム

内容 単位
行事・LHR 8
オープン実習 14
服飾造形 4
ゼミナール 20
グッズプランニング 2
ショッププロデュース 4
ショップコーディネート 4
アイテム企画 4
デザイン画 4
ファッションビジネス検定 4
ショップVMD 2
パソコンワーク 8
キャリア開発 2
卒制ワーク 4
卒業制作 4
合計 84

カリキュラムの一例

「ショッププロデュース」
ショップをオープンする際の品揃え、店のロゴ、空間演出、顧客管理法などを、学びます。またバイイング(買い付け)のノウハウや広告宣伝方法、スタッフ教育の方法などショップ運営に必要な様々なことを学びます。
「オープン実習」
教室内での授業を受けて実際にフリーマーケットや模擬店舗などで、ショップ展開を体験していきます。

2年次 ファッションアドバイザー専攻

ファッション知識を身に付けながら、お客様が何を求めているのかロールプレイングを通して考える接客技術や、トレンドを取り入れたコーディネート提案などを学びます。また、店舗ディスプレイの授業では、商品の見せ方やレイアウトについて学び、自分のセンスで表現して実行できる販売員を養成します。

商品の特性をよりよく、お客様に伝えていく、プロのテクニックを学べます。

ファッションの専門知識だけではなく、トレンドや市場を読み取る感覚を養えるカリキュラムが充実。現場実習もたくさんあるので、販売のプロからアドバイスをいただいたり、実際の接客実習を通して、スキルアップできます。

2年次カリキュラム

内容 単位
行事・LHR 8
オープン実習 14
服飾造形 4
ゼミナール 20
グッズプランニング 2
ショッププロデュース 4
ショップコーディネート (4)
アイテム企画 4
デザイン画 4
ファッション販売 6
ファッションビジネス検定 4
ショップVMD 2
パソコンワーク 9
キャリア開発 2
卒制ワーク 4
卒業制作 4
合計 90(4)

( )は選択

カリキュラムの一例

「ショップVMD」
視覚効果を用いた販売戦略、展示、陳列(店内、ウィンドー)を、実施を中心に学びます。

2年次 ブランドMD専攻

お客様が何を求めているのかを学ぶマーケティング能力や、ブランド企画した内容をプレゼンテーションする技術を学びます。提案力、実行力を身に付けて、新しいファッション企画を考えられるマーチャンダイザーを養成します。

シュミレーションを通し、オリジナルブランドの企画を現実化できます。

将来自分のブランドを設立したいけれど、何からはじめていいか分からないという人も多いはず。ブランドMD専攻では、それぞれの想像力を活かしながら、ビジネスとして展開していくための実践的カリキュラムが充実しています。

2年次カリキュラム

内容 単位
行事・LHR 8
オープン実習 14
服飾造形 4
ゼミナール 20
グッズプランニング 2
ショッププロデュース (4)
ショップコーディネート 4
アイテム企画 4
デザイン画 4
ファッションビジネス検定 4
ショップVMD 2
パソコンワーク 9
キャリア開発 2
卒制ワーク 4
卒業制作 4
合計 84(4)

( )は選択

カリキュラムの一例

「パソコンワーク」
パソコンの知識、グラフィック系のソフトの使い方を学び、アパレルビジネスに必要な制作物を自分で作れるようにします。
「ゼミナール」
模擬的にオリジナルブランドを企画し、商品構成や価格帯、ショップ展開、サンプル商品などを製作して行きながら、ブランド企画のノウハウを学びます。