WHAT'S NEW

平成29年度 卒業式🌸

平成30年3月10日、前日までの雨予報を覆す晴天☀

78年の歴史のあるドレメの卒業証書授与式が執り行われました。

今までに本当に多くの先輩方が手にしてきた卒業証書。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成29年度卒業生31名にも手渡されます。

全員が手にする服飾・家政専門課程の「専門士」の称号。

重みのある、2年間の集大成の成果です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校内やエントランスもすっかり卒業式仕様に。

宮城県内の企業、議員の方々から祝電やお祝いのメッセ―ジも多数頂戴しました。

控室には先生作の黒板アートも(*´▽`*)ドレメ全体で卒業生の門出を祝います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担任の先生方、講師の先生方、来賓の方々、保護者の方々、在校生が見守る中、

1人1人の証書から、学業優秀者の表彰まで、厳かに授与式が進んでいきました。

一部の学生は自作のドレスで華やかさを演出しました。

これも約80年続くドレメの伝統です👗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご来賓のおひとりである、宮城県議会議員の相沢みつや先生。

ドレメの伝統と歴史をしっかり引き継いでいくこと、

震災から7年たった宮城県の現状、社会人としての心構えなどを

お話してくださいました。

当校の理事長・校長である菅野敦子先生もまた、

震災からの宮城県・東北、そしてファッション界について、

ドレメの校訓、いかに卒業生に期待しているかをお話してくださいました。

3月11日はまだまだ私たちにとって過去の話ではないと実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして在校生からの心のこもった送辞と、卒業生代表の答辞。

卒業制作での思い出や、今の想いを堂々を話してくれました。

 

約1時間、あっという間に終わってしまった卒業式。

でもその1時間の間に、卒業生の表情は更に大人びて

頼もしい社会人のオーラをまとっていました。

 

今までのドレメ卒業生の仲間入りをした卒業生の皆さん。

皆さんが築いてくれた新しいドレメ、

後輩に引き継いでくれたいままでの伝統。

全て大切にこれからも守っていきます。

これから社会人になり、それぞれ学生時代では思いもしなかった試練に

出会うことと思います。その分今まで以上の喜びにも出会うことでしょう。

そんなとき、ふとした時にでも、ここドレメで学んだこと、

先生のお話、友人たちとの絆、思い出してください。

そして心細くなったら、いつでも遊びに来てください。

 

ファッション文化専門学校DOREMEはいつもここ支倉町にあります。

思いもよらない場所で、ドレメ卒業生に出会うかもしれません。

ドレメで得た縁、経験、知識を大切にしていってくれれば幸いです。

 

2年間、ありがとう。

よく頑張りました🌸

これからも、「いま、ファッションにできること」を考え

素敵な大人になっていってください。

 

卒業おめでとう!